ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道

MENU

漫画【化物語】1巻目

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【化物語】

です!

【オススメ度】

★★★★★

化物はやってこない

はじめからそこにいる

いつもどこにでも

 

【概要】

阿良々木暦(あららぎこよみ)

彼は、高校生で何の変哲もない少年だった。

だが彼は、あることがきっかけで戦場ヶ原ひたぎという可憐で触れたら折れてしまいそうな穏やかではかなげな美少女と関係を持つことになる。

それは、彼女が階段の上から落ちてきたときに彼が受け止めたときに感じたある違和感である。

彼女の身体は、驚くべき程軽かった。

そもそも体重という概念が無くなるほどに軽かった。

これは、阿良々木暦が巻き込まれていく化物を宿した少女たちの姿を描いた漫画です。

 

 スポンサーリンク

 

 

 

【感想】

うわ・・・

これは、卑怯すぎるよ・・・

昔からこの二人のタッグはみたいと思っていたけど実際このタッグを組んだ漫画を見てしまうと圧倒的な迫力を感じますよね。

それもラノベもアニメも人気だったあの化物語を大暮維人さんが漫画化するなんて・・・卑怯すぎるよ!!

ぜっっっっっったい続けてくださいよね!!

f:id:bukubuku555:20180424193624p:plain

引用:化物語 - 原作/西尾維新 漫画/大暮維人 / 【001】 | マガジンポケット 

漫画の内容としては、怪異に巻き込まれてしまった少女とその少女を助けれる方法を知っている少年の怪異について考え関わっていくことになる姿を描いた漫画です。

このライトノベルですが実際にライトノベルも読んだしアニメも見ていましたが面白いのはもうわかりきっています。

そしてストーリーもある程度理解しているし実際見たので3回同じ話を見ることになります。

そんなのつまらないでしょ?っと思っている方は結構いらっしゃると思いますが実際に読んでみてそんなことはなかったです。

大暮維人さんが書く阿良々木くんは、見ていておもしろいし賑やかだし見ていて動いているのがわかる。

そして羽川さんは、かわいいし戦場ヶ原さんもあのツンとした感じと意味のわからない感じがしっかり出ていました。

そしてなんと言っても大暮維人さんの画力が出ている背景の書き込みというか雰囲気作りがやっぱり強いと感じますね。

あの意味のわからない雰囲気とかただただキザっぽくとかよくわからない立ち方とか怪異としての不気味さをよくよく出せていると思いました。

ただただ唯一残念なのは、大暮維人さんが描くちょっとエッチぃ感じの絵が少なくなるだろうなーってところです。

あんまりそういった描写が無いですから出すのが難しいとは思います。

そこだけは残念ですね・・・

【総評】

では総評に移っていきます。

絵は、圧倒的ですよね。

エア・ギアや天上天下を見ている人ならわかると思いますがあの画力は圧倒的でした。

その画力のままで綺麗な戦場ヶ原さんやポンコツな阿良々木くんを見れて嬉しいです!!

設定は、怪異というものが一番なのですがそれよりはこの会話のテンポがいいのが一番の持ち味だと思います。

言葉の応酬が魅力でついつい言葉多いけどこの化物語の魅力だと思います。

展開は、しっかり描かれていると思います。

今のところ見ていて違和感を覚える展開も無いですし話のテンポも会話のテンポも素敵です!!

っというかあんまり非の打ち所がない状況ですね・・・

なので星は、5つです。

 

スポンサーリンク

 

 

完全にファン層だから言っている言葉が多いですね・・・

ちょっと公平性が無いかもしれませんが正直面白いのは間違いないと思います。

昔にライトノベルを読んでみたいとか考えていた方や昔から読んでいた方にもぜひ一度見てみてほしい漫画になっていると思いました。

化物語を知らない人から知っている人まで気になる方は一度見てみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶくぶくちゃがまぐちのほしいもの・・・→リスト

いただけたらうれしいです・・・→リスト