ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道

漫画【グッドモーニング・ベートーヴェン】1巻目

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【グッドモーニング・ベートーヴェン】

です!

【オススメ度】

★★★☆☆

ブラァァボォォオオオオ!!

ファンタスティック!!

 

【概要】

 

ピアノ弾きは孤独である

演奏は常に自分との闘いであり、誰かと競い合うことはない。

そんなところが彼には合っていた。

彼・藤堂あおい(とうどう)は、ピアニストだった。

そしてある先生・貴村柊一郎(たかむらしゅういちろう)に師事してもらっていた。

彼と一緒にピアノを教えてもらっている少年・賀神響(かがみきょう)は、藤堂とは違い少し荒々しい演奏となっている。

だが二人は、切磋琢磨し合う関係で良き友人ながらライバルでもあった。

これは、謎多くの存在の先生とその先生に師事してもらっている二人の弟子を描いた漫画です。

 

 スポンサーリンク

 

 

 

【感想】

音楽系の漫画なのですが他の音楽系漫画とは少し違うように感じました。

どちらかというと音楽というよりは青春漫画のイメージですね。

音楽系は、結構ドロドロというか重たいイメージですがこの漫画は結構軽めです。

最近は、青春系の音楽漫画も増えましたがこの漫画もそんな感じですね。

軽くなった分漫画としての重みも無くなった感じがする漫画です。

f:id:bukubuku555:20171027212302p:plain

ガンガンNET | グッドモーニング・ベートーヴェン

漫画の内容としては、同じ師のもとにいる二人のピアニストが成長し努力する姿を描いています。

展開としては、競い合うのが主な道筋だと思うんですがそこに蔑みやいやらしさなど狡猾な部分は見当たりませんでした。

その分スカッとするような明るい青春物のの感じがしますね。

そこがこの絵とマッチしてサクッとした展開とさわやかーな物語の全体の雰囲気を作り出しています。

ただそういった部分でさわやかであり軽やかなせいなのか物語の展開もサクサク進んでいく感じがしました。

展開に重みがない分わかりやすいのですがなんだか感情移入がとてもしずらいと感じました。

んー軽やかすぎるのも問題ですがこの軽やかさがなくなるのであればしょうがないことなんでしょうね。

難しい・・・

【総評】

では総評に移っていきます。

絵は、きれいですね。

少年も先生もかっこいいし、背景もしっかり描かれているので描写なのは頭に入りやすいです。

設定は、青春物って感じが大きいです。

なんだが部活動を見ている感じです。

展開は、ひとつひとつがゆっくり進むのではなくトントン拍子に話が展開するイメージですね。

サクサク進むのでいいのですがどうしても引き込まれないという感じがあります。

あんまり意識せずに読んでいける感じですね。

なので星は3つ

 

スポンサーリンク

 

 

絵は、きれいな漫画っという感じです。

ここからどんな展開をしてもなんだかサクッとしてしまいそうですね。

さすがに主人公全員が死んで別の人が主人公になったりすると「はっ!?」っとはなりそうですがさすがにそこまではないと思いたいです。

なので絵が好きな方は読んでも良いかと思います。

気になる方は一度見てみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 LINE@つくりましたー

友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶくぶくちゃがまぐちのほしいもの・・・→リスト

いただけたらうれしいです・・・→リスト