ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道

漫画【鉤月のオルタ】1巻目

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【鉤月のオルタ】

です!

【オススメ度】

★★★★☆

 

ボクは死体の山の中で

二度目の産声をあげた

 

【概要】

16世紀初頭のコーサカス地方山脈地帯の合間にある国・ミュチャイトレルがあった。

この国は、戦士の国として国民が武に精通している国だった。

そんな国に生まれた双子の王子・アゼルと姫・グルシア

剣の才能豊かなグルシアとは正反対にあがり症で県の扱いもうまくないアゼルは、日々剣に対して悩んでいた。

そんな彼を励ましながら二人で頑張っていく姿は、仲睦まじいくほほえましいとさえ思えていた。

そんなある日、この国にオスマン帝国が攻め込んできた。

一夜のうちに首都を襲われ陥落してしまったのだが辛くも逃げ延びたアゼルは誓う・・・

オスマン帝国に復讐を

これは、少年が復讐を成し遂げるために活動を行っていく姿を描いた漫画です。

 

 スポンサーリンク

 

 

 

【感想】

こういう歴史ファンタジー系って長期連載をして超大作になるか、あまり日の目を見ずにすぐに消え去るかどちらかかなっと思っています。

ですがこの漫画に関しては、なんだか残ってほしい気がします・・・

読んでいてワクワクさせる雰囲気を感じました。

f:id:bukubuku555:20170926102336p:plain

マガメガ MAGAMEGA | 鉤月のオルタ

漫画の内容としては、自分の国を滅ぼされた少年が復讐のために生き残り活動していく姿を描いた漫画です。

元々の歴史がある場合は、漫画として作りやすくやりやすいなーって思うんですがこの歴史を最初から作るような漫画ってめちゃくちゃ大変なイメージです。

単純な歴史から作りそこから細かい部分を詰めていった後に歴史の展開としての理由付けなどを行ったうえで登場人物のコマ割りを進めていくのかなって思います。

そうやらないと歴史に矛盾点が多くなり読者としても不信感を覚えそうです。

今のところは、その傾向がこの漫画にはないので大丈夫だと思いますがもし長期連載をしていくのであれば歴史の矛盾点などが出てこないようにしてほしいですね。

ただ漫画としては、動きも良くできておりテンポよく進む部分もしっかり出来ています。

そのうえで歴史漫画の中で多いゆったりとした話の流れも感じます。

漫画としてのテンポの良さと物語としての丁寧な作り込みが感じられるので今後も期待したい漫画の一つかなって思いました。

ワクワクしますね。

【総評】

では総評にうつっていきます。

絵は、きれいです。

バトルシーンも良く躍動感を感じます。

設定は、よくある復讐ものと考えていいかなって思います。

ただ歴史漫画と復讐って結構王道かなーっと思いつつ王道なりに面白くなりそうなのでそこはあまり気にしない方向で行きます。

展開は、テンポの良さと物語としての展開の遅さを感じました。

漫画としては、テンポよく進んでいきそうです。

ただ歴史っというのはゆっくり進んでいく感じがあるのでその遅さが今後テンポにも影響しないよう漫画を展開していただけるとワクワクしますね。

なので星は、4つです。

 

スポンサーリンク

 

 

好きな展開!!っというわけではないのですがなぜだか大切に進められている気がします。

遅い雰囲気がそうなっているのかわかりませんがワクワクするような展開というよりは、今後どうなっていくのだろうっというドキドキ感のほうが強いですね。

歴史の一ページを垣間見れるような気がして嬉しいです。

なので歴史漫画が好きな方もぜひ一度見てみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 LINE@つくりましたー

友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶくぶくちゃがまぐちのほしいもの・・・→リスト

いただけたらうれしいです・・・→リスト