ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道

漫画【ワールドエンドクルセイダーズ】1巻目

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【ワールドエンドクルセイダーズ】

です!

【オススメ度】

★★★☆☆

ピンポンパンポーン

人類のみんな~元気ですかー?

はじめまして

私は、神様です。

 

【概要】

内閣総理大臣の息子である少年・桂しるし(かつら)と兄・桂とおる

兄であるとおるが帰国し親孝行のために父親の誕生日を祝うことになっていた。

だがその頃父親・桂一兵衛(かつらいちべえ)は、現在怒っている現象に対処していた。

それは、突如渋谷のスクランブル交差点での大量の自殺だった。

時を同じくして各国で未曾有の危機にさらされていた。

日本を守ろうとした父親のもとに危機が訪れてあっけなくその決意虚しく死亡してしまう・・・

そして突如神様と名乗るものが空から声明を出した。

「100日間のうちに人類が全滅すれば負けで一人でも生き残れば人類の勝ち」

っという意味の分からないことを発言し消えていった。

これは人類が生き残るために抗い行動する青年たちの行動を描いた漫画です。

 

 スポンサーリンク

 

 

 

【感想】

漫画のいきなりのインパクトがある感じがします。

しょっぱなにあんな大量の死亡する展開は、ほかの漫画でもあるのですがそうそう見かけないですね。

デスゲームでも1人2人程度ですし、大量虐殺物ってあんまりみかけないです。

そういった意味では、世界をすべて合わせたデスゲーム系の漫画もみたことないです。

大きすぎると手に負えなくなりそうですからあんまり手を出さなかったのかもしれませんね。

ある意味斬新な漫画です。

f:id:bukubuku555:20170827134822p:plain

マガメガ MAGAMEGA | ワールドエンドクルセイダーズ

漫画の内容としては、神様がいきなり全世界向けにデスゲームを提案し実行していきます。

そこに対して一人でも生き残れば勝ちっという漫画です。

敵が神様っていうのも少し珍しいですね。

他の漫画では、比較的一人の人間とかだったり大きな組織っていうのが通例ですが今回は神様。

まぁ全世界向けに戦いを挑むんだから神様くらいしかできなそうですけど・・・

敵の5本指ですが一人ひとり倒すのが結構時間かかるんだろうなーって見ているんですが意外と早くに決着付きそうな気もする。

その後に結局神様が無理-っとか言い出して神様とのデスゲームが出来るとかなってすごい頭脳戦バトルになる可能性があるっと思っています。

ありそうー・・・その上で負けそ-・・・ってここは空想ですね。

失礼失礼。

敵の5本指は、とにかく強いです。

最初に神様が言ったとおりチート級の能力を持っているので普通に対抗しようとすると基本負けます。

ただそれでも立ち向かった青年に対して能力が与えられていくところから漫画が面白くなっていきますね。

そこまでいって序章がおわりって感じなので能力をもらってからの主人公を楽しみに見てください。

【総評】

では総評に移っていきます。

絵は、少し乱雑さを感じました。

背景にこだわっている感じが出ていますがそこが目を迷わす原因になっている気がします。

目移りが激しくなってしまいました。

設定は、全世界を巻き込んだデスゲームというのが珍しいです。

他の漫画では見たことのないスケール感を楽しみにしています。

展開は、スピード感がありますね。

他の漫画も最近は、テンポが早いのが特徴かもしれません。

この漫画でも例外なく早いですね。

なので星は、3つ

 

スポンサーリンク

 

 

 

展開としては、面白そうなのですがいまいちピンっとこない。

キャラもそうだけど、ぐっとくるようなのめり込んでいくような表現が少ない気がしましたね。

ただ今後どうなっていくのかはわかりませんが今現在は、星3つの評価しか渡せないと思います。

超能力の駆け引き系の漫画が好きな方は一度見てみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 LINE@つくりましたー

友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶくぶくちゃがまぐちのほしいもの・・・→リスト

いただけたらうれしいです・・・→リスト