ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道

漫画【されど罪人は竜と踊る 輪舞】1巻目

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【されど罪人は竜と踊る 輪舞】

です!

【オススメ度】

★★★★★

ガユスより

先に膝をつくなど誰が出来る?

 

【概要】

古来より竜や異貌のものどもが操る魔法と同じちからを得るべくして科学技術体系の延長として会得したのが【咒式(じゅしき)】という力だった。

急速に進展を遂げた咒式は、人類は竜や異貌のものどもと台東の存在となったのだ。

そんな咒式を使い戦いを行う存在・攻性咒式士(こうせいじゅしきし)は、咒式の中でも攻撃に特化した咒式を操る者たちだった。

そんな攻性咒式士として活動するガユスとギギナの姿を描いた漫画です。

 

 スポンサーリンク

 

 

 

【感想】

うわっ

なんか最近自分が好きなライトノベルが次々と漫画化してる。

なんでやろ・・・

今回のライトノベルは、結構登場人物が多くて覚えづらいところがあった作品なので頭の整理が絵で出てきているので助かりますね。

さらに言えば人物相関図とか欲しい感じのレベル。

確かあったはずだけどもっと詳しい奴が欲しいですねー。

それくらい登場人物が今後多くなるのでご注意を・・・

f:id:bukubuku555:20170827121812p:plain

サンデーうぇぶり

漫画の内容としては、龍や怪物が存在しておりそれを咒式を用いて退治していく姿を描いた漫画です。

この咒式が問題ですね。

正直にいうと半分も理解できていないです。

もうほとんどが言葉として理解していないかも・・・

でもそこを理解していなくても結構面白く読めるしかなり厨二心にも響く言葉が多くでてきます。

その文章が見てるだけでワクワクしてしまいます!

あー・・・また最初から読み直そうかな・・・

【総評】

では総評に移って行きます。

絵は、綺麗に描かれていますね。

原作のイメージよりは儚さが足りない気がしますがそれより漫画として正しく描かれています。

動きも華やかだし、人物も元々のより華やかに描かれているのでたのしいです!

設定は、元々がライトノベルなので安定しています。

ライトノベルの中でも結構おもたい系のものなので設定もその文どっしりしています。

展開は、面白いですね。

ライトノベルで描いた重厚な雰囲気をそのまま出せていると思いました。

なので星は、5つです。

 

スポンサーリンク

 

 

正直好きなライトノベルが漫画化しただけでテンションは上がり読んでしまいましたね。

でもしっかり漫画として描いた作品に仕上がっているので安心しました!

なので重厚なSFファンタジー漫画を読みたいと思う方はぜひ一度見てみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 LINE@つくりましたー

友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶくぶくちゃがまぐちのほしいもの・・・→リスト

いただけたらうれしいです・・・→リスト