ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道

漫画【ピッチディーラー -蹴球賭場師-】1巻目

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【ピッチディーラー -蹴球賭場師-】

です!

【オススメ度】

 ★★★★☆

友を近くに置け

敵はもっと近くに置け

 

 スポンサーリンク

 

 

【概要】

 

六大学リーグでMVPを取りU-21日本代表にも選出されているゴールキーパー・新堂龍司(しんどうりゅうじ)

彼が所属しているVERSUSは、昨年ぶっちぎりのリーグ戦を優勝しその強さで連覇をしていた。

だが新堂が入った年の初戦に前期最下位の倶楽部に追い詰められていた・・・

そのまま完敗してしまって大事な大事な初戦を落としてしまう・・・

だがこの敗戦はしくまれたものだった。

この仕組まれた敗戦を演出したのは、

日本を代表するプレースキックの名手・佐々木武尊(ささきたける)

W杯得点王でコロンビアの至宝・ハルク

全世界のチームが注目するビルドアップの名手・滝幸次郎(たきこうじろう)

そんな超一流な選手が巻き起こす八百長試合を通じて復讐のために生きる新堂の姿を描いた漫画です。

 

スポンサーリンク

 

【感想】

 

八百長をしていくサッカー選手なのですが

思った以上に面白いです!

なんだこれ

八百長に真剣過ぎるだろ・・・

その才能を正しい方向で使用してほしいよ・・・

ってのがサッカーファンの心の声だと思うんですがここまで見事に負けたり勝ったりする姿は、神様ですね。

多分真剣にやれば欧州王者にも勝てるんじゃないかな?

それを思わせるぐらいにすごいチームです。

f:id:bukubuku555:20170429104313p:plain

ピッチディーラー -蹴球賭場師-(1): ヤンマガKCSP | 外本健生 昌子春 |本 | 通販 | Amazon

 

漫画の内容としては、一流サッカー選手が八百長に全力で加担し金をせしめていく姿を描いた漫画です。

まだまだわからない設定もありますが、主人公であるこのゴールキーパーの存在がどうなっていくのかが楽しみですね。

それ以外の選手も八百長にかかわっている3人以外は普通にプレーしている。

なのでそういったコントロールの聞かない選手との絡みも策もあってなんだかこっちは、ハラハラドキドキしてしまいます。

そのハラハラドキドキの感覚がこの漫画の持ち味であり一番の見せどころですね。

【総評】

では総評に移っていきます。

絵は、ちょっとリアル目に描いていると思います。

ただ気持ち悪い感じでもないので全年齢に受け入れられる絵だと思います。

設定は、八百長っていうある意味タブー的な存在をしっかり描いているので新鮮ですね。

印象はよくないですからね・・・

最後に展開ですが、見ている限りハラハラドキドキしながらもワクワクして見られるので面白いです。

八百長が決まって試合が終了した時は、思わず喜んでしまう自分もいてちょっと恥ずかしいです。

なので星は4つです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

面白い内容に、新鮮味のある設定。

こういうアングラ的な漫画が最近増えてきていると思いますがおもしろいですね。

犯罪なのでこんなことをマネはしないようにしてくださいね!

ここはぶくぶくと約束です。

まぁだれもしないと思いますが・・・

サッカー漫画が好きな人も特に興味のない人も一度は読んでも良いかと思いますので読んでみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 

 LINE@つくりましたー

友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶくぶくちゃがまぐちのほしいもの・・・→リスト

いただけたらうれしいです・・・→リスト