ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画【IPPO】1巻目

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【IPPO】

です!

【オススメ度】

★★★★★

 

初めて歩いた日のこともよく覚えているんだ。

 

 スポンサーリンク

 

 

【概要】

祖父は、靴を作る職人だった。

来る日も来る日も靴を作る祖父の姿に小さな少年は、靴を作る祖父にあこがれをいただいていた。

祖父は、祖母が亡くなった後に日本での店をたたんで故郷のイタリアへ戻った。

その後、日本で生活をしていた孫・アユムの家族は両親が離婚してしまった・・・

イタリアの祖父の工場を訪ね靴職人としての道を歩みだした。

これは、アユムが靴職人としての活動を描いた漫画です。

 

スポンサーリンク

 

【感想】

なにこれ・・・!

めちゃくちゃおもしろい!!

ついつい先に先に読んでしまう!!

なにがすごいのかというと、一番はこの靴から始まるキャラとの対話だったり靴がどう仕上がっていくのかがカッコよく描かれているところ!

思わずオーダーメイドの靴を頼んでしまう・・・

絶対にこんないい靴買えない・・・

けど欲しくなってしまうほどにかっこいい・・・

いいなー・・・

f:id:bukubuku555:20170328181209p:plain

IPPO|集英社グランドジャンプ豪華連載陣

漫画の内容としては、日本で独立した靴職人が靴を作る過程や靴職人が悩む姿を描いた漫画です。

全然プロの技法や作り方、皮の種類なんて一切わからないのですがそれでも感じれるものがある。

自分だけに自分の為に作られる靴

そんな豪勢な買い物を疑似的にも感じられるのはとてもいいです。

そしてそんな高級な靴を買ってもいいと思わせるほどの漫画としての魅力を感じれました。

【総評】

では総評に移っていきます。

絵は、とてもきれいです。

雑さがとても目立つのですがそれが靴職人としての儚い技術だったり繊細さととてもマッチしていると思います。

設定は、靴職人だけを注目できるようにできていました。

ここまで終始靴職人というか一つの題材に注目させるようにできる設定は珍しいですね。

大抵は、二つの要素を掛け算している漫画ばかりの中でこの漫画は一つのことに注目させる・・・すごい・・・

最後に展開ですが、設定をより生かすように靴を徹底的に意識させる仕上がりになっています。

靴の魅力がここまで描けるなんてかっこいいですね・・・

なので星は5つです。

 

スポンサーリンク

 

 

今は何冊か出ているのですがすぐに全巻買ってしまいました・・・

そこまでにおすすめできる漫画だと思います。

面白いとしか言えない!

とてもおすすめできる漫画だと思いますのでぜひ一度見てみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 

 LINE@つくりましたー

友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶくぶくちゃがまぐちのほしいもの・・・→リスト

いただけたらうれしいです・・・→リスト