ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画【8月アウトロー】1巻目

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【8月アウトロー】

です!

【オススメ度】

★★☆☆☆

オレ史上

最高の球になる!!!

 

 スポンサーリンク

 

 

【概要】

8歳で両親とともに移り住んだアメリカ

そこでは秋と冬には野球がなかった。

そんな場所で彼は、田舎の野球チームでエースピッチャーで投げていた。

優勝候補の相手チームにノーヒットで進むほどの実力がある少年・日高悠昴(ひだかゆうごう)

だがあと少しでチームは負けてしまう・・・

それは、球数制限により悠昴の降板にあった。

アメリカでは、

8歳で1日50球

17歳以上1日105球

プロに行っても100球前後で交代することになっていた。

だが監督に体のことを大事にしてもらうためにも日本の甲子園があることを教えた。

それが裏目に出てしまい彼は、日本の高校を受けて野球部に入部することを決めてしまった!

だがそこは、高校が野球部を見捨てしまっている環境だった。

これは、野球が好きすぎる少年の甲子園を目指すサクセスストーリーを描いた漫画です。

 

スポンサーリンク

 

【感想】

最近思うんですが、マガジンがスポーツ系漫画ばかりを連載している気がします。

まぁぶくぶくがそういう系をもっぱら見ているって言うせいもありますが、多い気がします。

そんななかで始まった今回の連載漫画でしたが、読んでいるとなんだかわかりませんが打ち切り感がかなりありそうな漫画です。

こんな感じの漫画で、仲間が集まりきらずに打ち切りっていう漫画はかなり見てきましたしその雰囲気がこの漫画からも感じ取れます。

なんでだろう・・・

漫画の展開というよりは、漫画家さんがあえてそんな感じの雰囲気を出しているせいなのかな・・・

んー・・・

今の段階は、面白く読めているので特に問題は何ですけどね。

 f:id:bukubuku555:20170304162535p:plain

マガメガ MAGAMEGA | 8月アウトロー

漫画の内容としては、アメリカで将来を渇望された少年が球数制限の無い高校野球で予選から甲子園の決勝まで投げぬくために日本で甲子園を挑んでいく野球漫画です。

ってか確かに球数制限がないのは厳しいよね・・・

高校野球からプロになったら故障続きになって引退とかザラにある気がする。

それが高校野球のせいとかでは無いと思いますが、それでも練習が多すぎるし怪我も良くしているイメージがあります。

でもそれを押してまで甲子園を目指すというのは、魅力的でそれを目指している姿を見るのはとてもワクワクしてしまうんです。

あー甲子園って見るのは、本当に面白いと思います。

球児の姿を見ていくとなんだか泣けてきてしまいますね

ってかなり脱線しまいました・・・申し訳ないです・・・

漫画としては、主人公が最強過ぎるしちょっとしたチートです。

そして元々とても強いメンツが残っているので全員が戻って真面目に野球をやれればとても強いんでしょうなー

ただ漫画としては、何回も言いますが打ち切りエンドが垣間見えています・・・・

本当に終わりそうで怖いんですが・・・

【総評】

では総評に移りますね。

絵としては、いいですね。

躍動感は少し足りないかもだけどかなりきれいで見やすいのでいい絵だと思います。

以前は連載もしていた方なので安定感もあると思います。

設定ですが、結構定番系です。

でもこういうのが皆さんが好きな感じなので特に悪いとも思えません。

ただ展開が気になります。

コマ割りというか、魅せ方というか・・・なんだか展開に先が見えない・・・

これは、期待!って言うわけではなく、不安っていう意味合いで先が見えないという感じです。

なので星は2つ

 

スポンサーリンク

 

 

多分このまま連載は続くんだろうと思いますが、このコマ割りとかがあんまり好きではないかも・・・

なので人にはすすめにくいかな・・・

気になる方は一度みてみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 

 LINE@つくりましたー

友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶくぶくちゃがまぐちのほしいもの・・・→リスト

いただけたらうれしいです・・・→リスト