ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画【書店員 波山個間子】1巻目

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【書店員 波山個間子】

です!

【オススメ度】

 ★★★★★

うちの店唯一の

ブックアドバイザーに

抜擢したんだよ。

 

 スポンサーリンク

 

 

【概要】

書店【青ひげブックス】で働く・波山個間子(はやまこまこ)は、ある店舗唯一のブックアドバイザーだった。

彼女の部屋は、本で埋め尽くされていて寝る場所が押し入れ以外なくなってしまうほどの本の虫なのです。

そんな彼女は、ある特技がある。

それは、お客様の断片的なキーワードで探している本がわかるということ・・・

これは、本屋さんのブックアドバイザーとして働く女性の日常を描いた漫画です。

 

スポンサーリンク

 

【感想】

ブックアドバイザーっていう特殊な仕事を描いているんですが、本当にあるんですかね?

こんな職業が有ってここまでいろいろ知っている人が書店員にいたら相談したくなります。

でもここまで知っていたら、逆に不審に思うのかな・・・?

こんな本がほしいって言ったらドンピシャで当ててくる・・・うん怖いな。

思わず買い物をやめそうですね。

だけどちょっといてほしいのはみんなの願望です。

ぜひ書店の方々検討してみてください。(なげやり)

f:id:bukubuku555:20170115130742p:plain

書店員 波山個間子 - 「COMIC it」公式サイト | “it”こそが今、読みたいもの。

漫画の内容としては、書店員である波山個さんが店に来た人たちが探している本を見つけたり、波山個さんの生活を描いた漫画です。

この人、かなり変です。

なにが変って本が好きすぎて読みまくるのはいいのですが、部屋が本で埋まって押し入れで寝るしか場所がなくなってしまうほどに買いつくしてしまいます。

そのうえ図書館で本を読み漁ります。

そこまでして本を読み続けるってすごいですね。

それと同時に本当に読書ってとても魅力があることなんだと再度感じさせてもらえます。

 さすがにここまで本を読むことはできないですが少しでも月1冊でもいいので読めるように頑張っていきます。

【総評】

総評としては、

絵は、結構簡易的に描かれています。

主人公もそうなんですが人物や背景も簡素に描かれているんですがそれがより本の無いように注意が行くようにしている工夫なのではと感じました。

設定は、ただただ書店員を描いています。

だけどただそれだけっていう設定がすごいです。

●×●みたいに掛け算で設定って作ると思いますがこの漫画はシンプルすぎる設定です。

それが逆に目を引きますね。

最後に展開ですが、本を読み聞かせるような展開が多く思わずその本を読んでしまいたくなる雰囲気を感じました。

なので星は5つです。

 

スポンサーリンク

 

 

自分の中にずしっと新たな価値観をもらえた漫画だと思います。

漫画など読む習慣はありますが、文庫本やハードカバーの本など読む機会は少ないので今後はいろんな本を手に取り楽しんでいきたいと思いました。

ぜひ一度見て頂きたい漫画です。

 

ではでは

 

 LINE@つくりましたー

友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶくぶくちゃがまぐちのほしいもの・・・→リスト

いただけたらうれしいです・・・→リスト