ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道

漫画【DOG END】1巻目

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【DOG END】

です!

【オススメ度】

 ★★★★☆

なになに?

お客さん?

 

 スポンサーリンク

 

 

【概要】

警察庁の警部・羽鳥希一郎(はとりきいちろう)は、警察の中でのし上がるためにはどんな手段も選ばない野心かな青年だった。

そしてそんな彼を可愛がっている警察庁長官 官房長・斯波十三(しばじゅうぞう)は、彼に表沙汰にできないような依頼をしていた。

今回も極秘のミッションを頼んできた。

そのミッションは、大人の事情で警察の正式なバックアップを得られない護衛だった。

それも世界中の殺し屋から狙われるほどの・・・

だがそれでは、一人では到底守り切れない

斯波は、ある超法規的な措置をとることにした。

それは、昔捕らえた対暗殺者のエキスパートを檻からだしその男と一緒に少女を護衛すること。

だが初対面では、ただただダラダラしているニートのような姿のおっさんだった。

彼の名は、若月狗狼丸(わかつきくろうまる)

年齢不詳で出身も不明なおっさんで税金ニート生活を謳歌していた。

だがその中身は、収監されていた檻の超高弾性ガラスを素手で破壊してしまうほどの力をもつ人物だった。

これは、殺し屋と警察が組み少女を守り続ける姿を描いたバトル漫画です。

 

スポンサーリンク

 

【感想】

暗殺者ってかっこいいですよね。

それが普段とのふり幅が大きいほどかっこよく見えてしまう・・・

この主人公も普段は、超適当な感じで生きているんですが戦いの場になると圧倒的な強さで相手を翻弄します。

というか、なんで銃でも壊せなさそうな強い檻を手のひらだけで割れるんだよ

そしてほかの敵も、ビルを素手で登ってきたり、屋上から屋上まで飛び移ったり、床を破壊したり等、人間離れしすぎてておかしいよこの世界・・・

こんな人たちに命を狙われたらそりゃ死ぬしか選択しないな。

ぶくぶくもそのもしそんな人から命を狙われた時はあきらめることにします。

せめて苦しまずにさっとやってほしいです・・・

f:id:bukubuku555:20161222195257p:plain

裏サンデー | DOG END

漫画の内容としては、暗殺者に狙われている少女を護衛することになった対暗殺者の暗殺者と刑事が様々な敵と対決していくバトル漫画です。

なので基本は戦いまくりです。

その間にある日常のようなひと時ももちろんあります。

ぶくぶくとしては、こういうバトルものにある日常的な会話をするシーンがすごい好きなんですよね。

なんだか親近感がわくような、ほっとする一息を味わえるというか・・・

よいです・・・。

【総評】

では商標ですが、

絵は、疾走感がありバトルも華やかで見応えもあります。

戦っているところも特に不満がないので良いと思いました。

設定は、ちょっと敵も味方も強すぎない?

人間離れしすぎててちょっと追いつけない・・・

最期に展開ですが、日常回もありしっかりバトル回もありメリハリができている展開が多いように感じました。

そういったGAPを作ることによってよりバトル回に集中できるような漫画の展開ができているのではと思います。

なので星は4つ!

 

スポンサーリンク

 

 

結構主人公が好きになれるキャラだし、護衛される少女もかわいい

なので特に不満がないしなんら結構続きも気になって読むような漫画だと思います。

殺しあうような漫画ではなく、バトル漫画というニュアンスが大きいので人を選ばず読みやすいと感じています。

気になる方は、グロい展開もないので一度見てみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 LINE@つくりましたー

友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶくぶくちゃがまぐちのほしいもの・・・→リスト

いただけたらうれしいです・・・→リスト