ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画【憂国のモリアーティ】1巻目

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【憂国のモリアーティ】

です!

【オススメ度】

 ★★★★☆

僕は

僕は間違ってなどいない・・・!!

悪魔は貴様だシャーロック!!

 

 スポンサーリンク

 

 

【概要】

時は19世紀末・・・

世界の四分の一を支配する市場最大の大英帝国

世界を支配するこの国は、人口の3%の人種によって支配されている。

それは、古から根付く完全階級制度による上流階級の存在だった・・・

この国に根付く階級制度に辟易するモリアーティ伯爵家長子・アルバート

そんな彼は、ある日孤児院で見たものがあった。

一人の少年に村人たちは集まり農業を指南してもらったり、少年少女は本を読み聞かせていたりする少年の姿だった。

そんな少年に人々は集まり少年少女は彼の指南を理解し信じていた。

少年の指南は、悪い貴族がいたら戦い殺すという残忍ながらアルバートが解決したいと思う部分だった。

アルバートは、少年たちを引き取り世界を浄化するために壮大な計画を実行していく・・・

これは名探偵シャーロックホームズの宿敵・モリアーティ教授が主役の漫画です。

 

スポンサーリンク

 

【感想】

この漫画かなり楽しみに発売日を待っておりました!

だけどぶくぶくは、漫画は超気に入ったもの以外は電子書籍で買うようにしています。

なので電子書籍が出てから見たのですが

面白かったけど正直期待以上ではなかったです。

f:id:bukubuku555:20161025140419p:plain

引用ジャンプSQ.[憂国のモリアーティ]原案/コナン・ドイル(「シャーロック・ホームズ」シリーズ)構成/竹内良輔 漫画/三好 輝

漫画の内容は、名探偵シャーロックホームズの宿敵のモリアーティ教授の犯罪の数々を描いた漫画です。

始まり1話も結構ワクワクして読めましたしモリアーティ教授を題材にしている漫画も少ないということで期待しすぎた感じもあったかと思います。

ですが展開としては、物足りない気がします。

もっとモリアーティ教授の全能感というか常人ではないような感じが出ていれば満足したのかな・・・

ただ漫画としては、おもしろいと思いますし続きも気になります!

なのでぜひこれからも続いてほしい漫画なのは間違いないです。 

【総評】

総評としては

絵はキレイだし見やすい

なにより主人公たちがかっこいいし出てくる女の子もかわいいのでストレスなく見れます。

設定は、モリアーティ教授という珍しい設定かと思います。

モリアーティ教授ということは、基本は犯罪が起こりその犯罪の過程を見ていくことになります。

そういった犯罪を見せていくっていう設定も珍しいのかな?

最後に展開

多分ここが一番物足りなかった

もっとモリアーティ教授の強さというか支配的な存在感が足りていなかった気がします。

まぁでも少年時代だからしょうがないのかな・・・

これから続けばよりカリスマ性とかが増していくのではと期待しています。

なので星は4つです。 

 

スポンサーリンク

 

 

珍しい設定だし、モリアーティ教授は好きなのでぜひ続いてほしいです。

そしてもっと強くなっていくモリアーティ教授の人生を描いてかっこいい姿やよりカリスマ性を増した犯罪の過程が見れれば漫画としてもかなり楽しめると思いました。

ぜひ気になる方は読んでみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 

 LINE@つくりましたー

友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶくぶくちゃがまぐちのほしいもの・・・→リスト

いただけたらうれしいです・・・→リスト