ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画【放課後バッセン娘!】1巻目

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【放課後バッセン娘!】

です!

【オススメ度】

 ★★★☆☆

 

昭和の野球には

今にはない

ロマンがたくさんあったんだよ・・・

 

【概要】 

 スポンサーリンク

 

 

小説家希望で無職ながら小説を書き日夜出版社と話す毎日の主人公・大輔(だいすけ)

彼の実家はバッティングセンターなのだが、若手の人気投手の大谷や藤浪のような選手を入れるのでなく、比較的安い昭和の選手を入れている。

そんな少しさびれているバッティングセンターの店番を強制的にさせられたある日、女子高生がお客として現れた。

彼女は、北別府や村田兆治や平松等の往年の名選手のマシーンに感動していた。

そして彼女は一つのマシーンの打席に立つ。

相手のマシーンは、江川

対する彼女は掛布の真似をしつつ打席に入り見事に掛布と江川の初対決の再現した。

そしてホームランをうちご満悦な表情で打席から出てきた。

彼女は年間で55本ホームランを打つともらえる王貞治のバットを目的としてこれからもこのバッティングセンターに通っていく。

そんな変わり者の彼女・岡田いくらとさびれたバッティングセンターの一人息子・大輔との往年の名選手の真似などを描いた漫画です。

 

【感想】

とにかく古い!

そしてわからない部分が結構おおいですね・・・

確かに選手名などはわかりますがその時代の対決や選手のフォームなどはわからないものが多いのでちょっとついていけない部分もあります。

だけど結構説明をしてくれるのでそこでやっと理解したり話に追いつけたりします。

なので結構読み込む部分は多くなるかな。

いらん知識は増える一方ですね・・・

f:id:bukubuku555:20160911120403p:plain

引用:ヤングアニマルDensi

漫画の内容としては、バッティングセンターでひたすらにものまねをしていく女子高生を見ていく漫画です。

なので基本は、女の子たちが遊んでいる姿を見ていく形にはなりますがそれ以外でもたまにおっさんたちがまねをしてきたりもします。

その回はちょっともっさりしてますがそれ以外は女の子ばかりなのでかわいらしいけどちょっと凝りすぎて引くときもあります。

野球に詳しすぎるってものかんがえものですよね・・・

 

【総評】

総評としては、

絵はかわいらしいけどちょっと表情が乏しい感じの場面も見受けられます。

それ以外は特に嫌だなって思えるところはないかと思います。

設定とストーリーは、野球のさらに往年の時代に特化した漫画の設定なので今までに読者として取り入れていなかった層をファンにできそうですね。

おっさんにこそ見てほしい漫画です。

展開は、特にわるいも良いもないかな。

なので総評は、3つ

 

スポンサーリンク

 

 

多くの人には進められないけどおっさん世代には進められそう。

そのうえで自分が読んだらそういった知識が増えるので話のネタにはなりそうですね。

年上の方とはよくお話をする場面が多い人はちょっと読んでみても面白いかもしれません。

ただこれをよむならもっとニュースとか見たほうがいいかもしれませんが・・・

気になるおっさんの方々一度は見てみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 

 LINE@つくりましたー

友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶくぶくちゃがまぐちのほしいもの・・・→リスト

いただけたらうれしいです・・・→リスト