ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画【春の呪い】1巻目

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【春の呪い】

です!

【オススメ度】 

★★★★★

 

 この際呪いでもいい

春のこえを忘れないでいられるのなら

【概要】

 

 スポンサーリンク

 

 

妹が死んだ

名前は春(はる)で年齢は19歳。

妹が己のすべてだった姉・夏美(なつみ)は、春の死後に春の結婚相手の柊冬吾(ひらぎとうご)と付き合うことになった。

それは、お互いが惹かれあったうえでの関係ではなく家柄の問題だった。

父の血筋は昔の財閥の子孫で家系でいうと本家の長男にあたる。

そして、妹の結婚相手は相馬グループを支える分家の一つ柊家の息子だった。

そんな血筋が目的の結婚だったが妹は幸せそうに暮らしていた。

ではなんでこの妹の結婚相手と付き合うことになったというとこれも家柄の問題だった。

倫理的にも理解できないことを承諾した彼女は、一つ冬吾に出した。

それは、【春と二人で行った場所に自分を連れて行ってほしい】というお願いだった。

これは、複雑な心情と関係をもつ一つの男女のカップルを描いた漫画です。

 

【感想】

重い・・・

これは重い話ですね・・・

呼んでいると気持ちがずーんって重たくなるような気がします。

あっそういえば昔、女性に振られたときに言われた言葉は「想いが重い」っていわれたっけなー・・・あれはつらかった。

f:id:bukubuku555:20160814174643p:plain

漫画の内容としては、男女のカップル事情が複雑で理解もできないような関係を保ちながらお互いの複雑な心情や関係を描いた漫画です。

なので強烈に理解できないと思います。

今の時代、この恋愛というか結婚の方法はまだのこっているのかっていうくらいの過去の遺物だと思えます。

その古い概念を持ち出しながら二人に恋愛を押し付ける方法はどうなんでしょうね・・・

まぁこの姉と元妹の結婚相手との関係は、お互いの了承のうえできまったことなので特になにかこちらからいえることはないんですけどね。

 

【総評】

総評としては

絵は、少し独特かな?

けど嫌な感じではなく、より重たい雰囲気とか相手に訴えかけるような表情とかは見どころでより魅力的に感じました。

ストーリーと設定ですが、設定はどぎついですね・・・

妹の結婚相手と付き合うなんてなかなか思いついてもかけない設定だと思います。

まぁまず思いつかないですが・・・

そのうえで、ストーリーはその設定をちゃんとふまえた上で二人の苦悩だったり展開を続けています。

でも結構仲がいいようにはみえてしまうんですけどね。

以上をふまえて星は5つ。

 

スポンサーリンク

 

 

正直おすすめはできないです。

ただそれでも見てほしいって気持ちが大きくなるような漫画です。

展開もそうですが、苦悩の仕方や抱える問題はある意味どんな人でも起こり得ることだと思ううえでそれに立ち向かうというか向き合う主人公たちは魅力的であり見ていて応援したくなると思いました。

ですので気になる方はぜひ一度見てみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 

 LINE@つくりましたー

友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ