ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道

漫画【グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~】1巻目

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~】

です!

【オススメ度】

★★★☆☆

食卓にこそ政治の極致がある

食卓に出されたものにはすべて意味がりかつメッセージが込められていなければらない。

敬愛や尊敬

和解・説得・叱責・決別

官邸料理人の仕事は主人でもある総理のの意をくみ

それらのメッセージをゲストのもとに届けること。

一皿の料理にメッセージを込める

それが官邸料理人の役割。

 

【概要】

 

 スポンサーリンク

 

 

政治の影で食の役割が持つ重要性は高い

ギクシャクした交渉のあとでも食事のテーブルにつくと場の雰囲気が和やかになり相互理解が進む。

そのような会食は今まであれば、料亭で行われており1回につき何十万何百万もの金をつぎ込むほどに重要な会だった。

だがそれは国民のイメージも悪く、よからぬことを密談する場所だと思っている。

だがそんな料亭政治を打破し首相官邸を食事の場とすることで 経費削減と開かれた官邸を国民にアピールできる。

そこで官邸料理人を60年ぶりに復活させることになった。

官邸料理人に選ばれたのは若干25歳の女の子・一木くるみ(いつきくるみ)だった。

これは、次々と訪れるVIPをもてなす官邸の料理人としての生活と料理を追った漫画です。

 

【感想】

料理漫画は安定していいと思います。

おいしそうだし、料理を出すだけで場が華やかにできるし、ネタとしても結構やろうと思えばどこまででも続けれると思います。

だって料理の可能性って無限大に広がっていますしねー

f:id:bukubuku555:20160808191600p:plain

漫画の内容としては、官邸での料理人として世界各国のVIPをもてなす料理を作り続けるんですがそれは日本の総理大臣の意志を汲み取りそれを料理で表現するというかなり無理難題を押し付けられる仕事だった。

そんな彼女の仕事ぶりを見る漫画です。

なので基本的には1話に対して1、2品の料理を出したり、コースなどで意志を伝えていくような物語展開になります。

話しとしても簡潔にわかりやすく1話完結のような形をとっていると思います。

そして総理大臣の意志を汲み取るなんてぶくぶくには絶対できないのでそこらへんもちょいちょい説明してくれるのは助かりますね。

むしろそれがなかったらただ料理をだして政治の話をしているような話になってなにも面白くなさそうですけどね・・・ 

【総評】

総評としては、

絵は女の子がかわいいし、料理はおいしそう!

ストーリーは、簡単でわかりやすい。

設定も官邸料理人っていう目新しい仕事なのでそこも良いチョイスだと思います。

ですので星は3つ。

 

スポンサーリンク

 

 

本当は星は4つでもいいんですが、

なにぶん打ち切り感がつよいですよね。

連載はちゃんと続いていたんですが、本誌(コミックパンチ)が廃止になった影響でこの漫画もおわってしまいました。

そこが一番残念なポイントかと思います。

ただこちらは、ドラマとかもあったくらいなので全体を通してみてもおもしろいとはおもいます。

ですので気になる方は漫画を読んでからドラマも見てみてはいかがでしょうか?

ぶくぶくもまずは漫画読破しますね!

 

ではでは

 

 LINE@つくりましたー

友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ