ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画【スティーブズ】1巻目

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【スティーブズ】

です!

【オススメ度】

★★★☆☆

 

ここ10年でなにが起きた?

それは俺たちがappleを作った!

 

【概要】

 

 スポンサーリンク

 

 

スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアック。

二人の天才が作り出した会社それが【apple】

そんなシリコンバレー、世界をIT戦国時代に突入させた張本人たちの革命譚を描いた漫画です。

 

【感想】

結構面白いけど

ちょっと物足りないというか・・・

こういうビジネス漫画っていうんですかね?

それとも偉人伝漫画っていうのかわかりませんが、

確かに面白いし、英雄やすごい経営者の生きざまを漫画で見れるのは結構わかりやすいから助かるんですが、なんか物足りないんですよね・・・

他にもある孫さんの漫画とかもそんな感じでしたね・・・

 

f:id:bukubuku555:20160703185507p:plain

漫画としては、今のappleができる前からのお話で二人が無名ながら数々の困難に対して闘っていき勝利していく様子や負けてしまうような様子を描いた漫画です。

亡きスティーブ・ジョブズの歴史漫画って思ってもらったほうがいいのかな?

 

内容としては結構かっこよくて

なおかつ成功してきた人の今までに歩んできた歴史を見れるってのが最大の魅力です。

どんな言葉を残したのか、どんな人を説得しここまで一流企業まで上り詰めたのかをしっかり書いている漫画だと思います。

ただ監修ってのは特にないみたいですが、

参考資料はappleの資料を見せて頂いて物語を作っているようでした。

さすがに人の歴史を書く上で中途半端なことはできませんから結構がっつりコラムとかあっておもしろく読めています。

 

【総評】

総評としては星は3つかな

面白いというか、この人の自伝を漫画で読んでいるような気分ですね。

確かに面白いけど漫画っぽくないというか

どちらかというと自己啓発かな? 

 

スポンサーリンク

 

 

それでも、スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックの二人がどれだけすごいのか、どんなことをしていたのか、どんな言葉を残してどう活躍したのかがはっきり書かれているし、コラムも事細かに書かれているので読み物としては十分な魅力を感じます。

ただあんまりおすすめはしずらいかなーってのはあります。

結構漫画には、現実は持ち込みたくないし、漫画でも自己啓発とか読みたくないってのがぶくぶくの意見です。

それはビジネス書だけで十分なので・・・

なので星は3つですが面白いのは面白いので、appleが好きな方とかジョブズが好きな方は読んでみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 

 LINE@つくりましたー

友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ