ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道

漫画【乙嫁語り】1巻目

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【乙嫁語り】

です!

【オススメ度】

★★★★☆

 

 

 19世紀後半中央アジアの遊牧民のとある一家のお話

ある日、アルミが嫁いだ先は8歳年下の12歳の少年・カルルク

二人はこの8歳の歳の差を埋めれるのか?

遊牧民の心あたたまる素敵な絆の物語

ある意味キュンキュンすること間違い無しの漫画です。

 

 スポンサーリンク 

 

【概要】

中央ユーラシアに暮らす、遊牧民と定住民の昼と夜。
美貌の娘・アミル(20歳)が嫁いだ相手は、若干12歳の少年・カルルク。

遊牧民と定住民、8歳の年の差を越えて、ふたりは結ばれるのか……?

『エマ』で19世紀末の英国を活写した森薫の最新作はシルクロードの生活文化。

馬の背に乗り弓を構え、悠久の大地に生きるキャラクターたちの物語!

 

スポンサーリンク

 

 

【感想】

一番思ったのが

本当に衣装が綺麗

絵柄が綺麗

f:id:bukubuku555:20160223215231j:plain

引用http://natalie.mu/comic/pp/otoyomegatari/page/3

そして書き込みが綺麗

1つ1つの道具だったり家だったりが本当に綺麗

漫画としても絵としてもかなり綺麗

f:id:bukubuku555:20160223215327p:plain

引用

http://natalie.mu/comic/pp/otoyomegatari/page/3

 

なんかこの上の絵とかため息でますよね

それ以外でも本としての魅力も多く

中央アジアでの話なんですが民族間での話だったり

ただただ日常を描いたギャグではなく

少し微笑んでしまうような話が多いです。

正直1巻しか読んでないので

このスローライフな雰囲気を壊さず

じっくり読めるかはわかりませんね

けど期待値はかなり高い作品なのは間違いないですね!

ぜひ読んでいただきたい漫画の一つですね!

 

ではでは

 

 

乙嫁語り 1巻<乙嫁語り> (ビームコミックス(ハルタ))

乙嫁語り 1巻<乙嫁語り> (ビームコミックス(ハルタ))

 

 

 スポンサーリンク