ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道

MENU

【望まぬ不死の冒険者】冒険者がモンスターに!?一発逆転物語【漫画1巻目】

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【望まぬ不死の冒険者】

です!

【オススメ度】

 ★★★★★

やばい死ぬ
俺がそう思ったのは、巨大な魔物の真っ赤な口がぱかりと開き
突進してきたのを確認したときだった。

【概要】

ある王国にある都市・マルト
そこで冒険者として活動していた冒険者・レントファイナは、なかなかうだつの上がらない冒険者だった。
彼は、その日暮らしのスケルトンやゴブリンをひたすら狩り素材や魔石を集めていた。
階級としても「銅級冒険者」というパッとしない経歴となっていた。
そんな生活をしながらも彼には、ある夢があった。
それは、伝説の「神銀級冒険者」になることだ。
だがその夢は、叶えられずその日暮らしの活動をし続けて10年という歳月が経っていた。
そんなある日に彼は、見つけた。
初めて見る通路がありその先にも部屋があった。
それは、彼が一発逆転ができる可能性があるものだったのだがそこにいた敵は、龍だった。
それは、魔物最高位であり世界に四体しかいない魔王に匹敵する強さを持つもはや神のレベルに近い存在だった。
彼は、為す術なく死んでしまった・・・。
だが信じられないことに彼は、目を覚ました。
目覚めて動くことが出来たのだがうめこうがつぶやこうが声が出ない。
そして腕や体には、肉が一切ない状態で自分の顔を水で確かめた結果、彼はスケルトンになっていた。
これは、彼が魔物として生き返りそして「神銀級冒険者」になることを目指す姿を描いた漫画です。

 

 スポンサーリンク

 

 

 

【感想】

 うわ!

これも漫画化したんだ・・・

この原作ですがもともと読んでいた小説だったのですがこれが漫画になるとは・・・楽しみですね!

ストーリーもそうですがこの漫画を担当した方がかなりきれいに描いているし描写もしっかり描かれているので満足できそうな予感です・・・!

f:id:bukubuku555:20181201134420p:plain

引用:望まぬ不死の冒険者|株式会社オーバーラップ

漫画の内容としては、冒険者として細々と活動してい青年が魔物として生き返り自分が生き残るために進化していく姿を描いている漫画です。

この進化していくのがかなり新しいと思います。

他の漫画でも魔物が進化していくことはありました。

そういった成長系の漫画も結構好きだし良く見ているのですがこの漫画は、よりリアルにその姿を描いています。

まずは、骨だけの魔物から肉体が腐った魔物へと進化していき徐々に自分が成長していく方向性を見つけていきます。

その進化の理由も明確だしほかの魔物を倒すのも納得するような理由でした。

そういった一つ一つの設定がとても漫画として没頭していくために不自然なく出来ていて読んでいて本当に魅力的だと思いました。

だからこの小説も好きだしこの漫画も好きになりました。

単純に面白いです!!

【総評】

では総評にうつっていきます。

絵は、とてもきれいです。

グロテスクな部分も含めしっかり描けており見ている側としては、とてもリアルに感じることができました。

不自然な部分があまり感じられないのもいいところですね。

設定は、原作の通りに作られており見ている限り無理のない設定だと思います。

そのうえで魔物として成長していくのってなんだかおもしろいよね・・・

育成ゲームの強いキャラを育てている気持ちになっていきます。

展開は、徐々にキャラとして育っていくのがいいですね。

急展開過ぎずそれに加えて自分が行ってきた活動の数々がここにきて生きていく感じも努力が実っている雰囲気でとても素敵に感じました。

なので星は5つ

 

スポンサーリンク

 

 

良い漫画に多いのが嫌いなキャラがないことです。

敵も味方もそうですがあらゆるキャラに嫌いになる要素が少ないのがとても良いです。

みていてストレスに感じることがないです。

そんな魔物が成長していく姿が見たい方は一度見てみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶくぶくちゃがまぐちのほしいもの・・・→リスト

いただけたらうれしいです・・・→リスト

またぼちぼち始めていこうと思います。

こんこんこんにちは~知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

 

ココ最近ですが一切記事を書いておりませんでしたがまたぼちぼち書いていこうと思います。

書いていきたいな・・・と思う理由としては、以下の2つです。

1,ライターの仕事を試していく上でやっぱり自分のブログも更新していきたいと感じたから

2,時間的に集中するものが減ったから

ということです。

まずひとつ目の内容としては、現在ライターとしての活動もぼちぼち試していっている状況です。

その上で文字を書いている中でやっぱり書きたいもの書きたいなと感じることが多かったのです。

でもそれでも自分が書きたくないものだと筆が乗らないっていうのが本当にあるんだなっと思いました。

だから自分の考えとしても漫画が好きだから書きたいと感じたので改めてブログを書いていこうと思います。

そして2つ目の時間的に集中するものが減ったからと言うのは、自分の時間で少しだけゆとりが持てるようになりました。

ただまだまだ忙しいと言うのはあるので更新頻度は正直そこまで高くないと思います。

なので前のようにいっぱい上げることはないですが読んだ漫画の中でかけるものがあれば書いていこうかな?と感じているだけになります。

 

まぁながなが書いておりましたがまた再開しますよー!!という宣伝でした(笑)

ではまた気になるかたは、ぜひ見ていってくださいね。

 

ではでは

漫画【化物語】1巻目

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【化物語】

です!

【オススメ度】

★★★★★

化物はやってこない

はじめからそこにいる

いつもどこにでも

 

【概要】

阿良々木暦(あららぎこよみ)

彼は、高校生で何の変哲もない少年だった。

だが彼は、あることがきっかけで戦場ヶ原ひたぎという可憐で触れたら折れてしまいそうな穏やかではかなげな美少女と関係を持つことになる。

それは、彼女が階段の上から落ちてきたときに彼が受け止めたときに感じたある違和感である。

彼女の身体は、驚くべき程軽かった。

そもそも体重という概念が無くなるほどに軽かった。

これは、阿良々木暦が巻き込まれていく化物を宿した少女たちの姿を描いた漫画です。

 

 スポンサーリンク

 

 

 

【感想】

うわ・・・

これは、卑怯すぎるよ・・・

昔からこの二人のタッグはみたいと思っていたけど実際このタッグを組んだ漫画を見てしまうと圧倒的な迫力を感じますよね。

それもラノベもアニメも人気だったあの化物語を大暮維人さんが漫画化するなんて・・・卑怯すぎるよ!!

ぜっっっっっったい続けてくださいよね!!

f:id:bukubuku555:20180424193624p:plain

引用:化物語 - 原作/西尾維新 漫画/大暮維人 / 【001】 | マガジンポケット 

漫画の内容としては、怪異に巻き込まれてしまった少女とその少女を助けれる方法を知っている少年の怪異について考え関わっていくことになる姿を描いた漫画です。

このライトノベルですが実際にライトノベルも読んだしアニメも見ていましたが面白いのはもうわかりきっています。

そしてストーリーもある程度理解しているし実際見たので3回同じ話を見ることになります。

そんなのつまらないでしょ?っと思っている方は結構いらっしゃると思いますが実際に読んでみてそんなことはなかったです。

大暮維人さんが書く阿良々木くんは、見ていておもしろいし賑やかだし見ていて動いているのがわかる。

そして羽川さんは、かわいいし戦場ヶ原さんもあのツンとした感じと意味のわからない感じがしっかり出ていました。

そしてなんと言っても大暮維人さんの画力が出ている背景の書き込みというか雰囲気作りがやっぱり強いと感じますね。

あの意味のわからない雰囲気とかただただキザっぽくとかよくわからない立ち方とか怪異としての不気味さをよくよく出せていると思いました。

ただただ唯一残念なのは、大暮維人さんが描くちょっとエッチぃ感じの絵が少なくなるだろうなーってところです。

あんまりそういった描写が無いですから出すのが難しいとは思います。

そこだけは残念ですね・・・

【総評】

では総評に移っていきます。

絵は、圧倒的ですよね。

エア・ギアや天上天下を見ている人ならわかると思いますがあの画力は圧倒的でした。

その画力のままで綺麗な戦場ヶ原さんやポンコツな阿良々木くんを見れて嬉しいです!!

設定は、怪異というものが一番なのですがそれよりはこの会話のテンポがいいのが一番の持ち味だと思います。

言葉の応酬が魅力でついつい言葉多いけどこの化物語の魅力だと思います。

展開は、しっかり描かれていると思います。

今のところ見ていて違和感を覚える展開も無いですし話のテンポも会話のテンポも素敵です!!

っというかあんまり非の打ち所がない状況ですね・・・

なので星は、5つです。

 

スポンサーリンク

 

 

完全にファン層だから言っている言葉が多いですね・・・

ちょっと公平性が無いかもしれませんが正直面白いのは間違いないと思います。

昔にライトノベルを読んでみたいとか考えていた方や昔から読んでいた方にもぜひ一度見てみてほしい漫画になっていると思いました。

化物語を知らない人から知っている人まで気になる方は一度見てみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶくぶくちゃがまぐちのほしいもの・・・→リスト

いただけたらうれしいです・・・→リスト