ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画【6センチの絆】1巻目

漫画 漫画-1巻目 漫画-駅伝漫画 漫画-部活漫画 漫画-スポーツ漫画 漫画-主人公がかっこいい漫画 漫画-障害を乗り越える漫画 漫画-週刊少年マガジン漫画 漫画-講談社漫画 漫画-★★★★☆

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【6センチの絆】

です!

【オススメ度】

 

独りで走ってる

ずっとそうおもってた

・・・でもそうじゃなかったんだ!

 

 スポンサーリンク

 

 

【概要】

箱根駅伝

それは、少年たちの夢がつまった走りの聖地

その聖地で1年生ながら箱根駅伝に出場できる学校のメンバーに選ばれた少年・羽柴日出郎(はしばひでろう)

順風満帆に見えていた彼の姿は、ストイックすぎて一部の部員からは疎まれていた。

そんなある日、部員の誰かのいじめにより用具室を開けたら突然粉がかかってきた。

眼に入り痛がっている日出郎に部員が近づき驚愕する。

その粉は、昔のラインパウダーで消石灰で目に入ると失明する可能性もあった。

その足でそのまま医者に診てもらったのだがそこで大学病院での精密検査を勧められる。

日出郎の眼はもうじき見えなくなる可能性があると宣告される。

これは、箱根駅伝を走る少年たちと日出郎の挑戦を描いた漫画です。

 

スポンサーリンク

 

【感想】

駅伝漫画なんですが、最初に言っておきます

ぶくぶくは、マラソンってそんなにおもしろいって思ったことないですし、見るのも好きでは無いです。

ただこの漫画・・・おもしろい!

駅伝っていうのが正直詳細までは説明できないほどに無知です。

ただこのキャラと展開がとてもぐっと面白くなりました。

困難に立ち向かう人ってなんでああもかっこいいんでしょうか・・・

すげーなー・・・

f:id:bukubuku555:20170304162316p:plain

マガメガ MAGAMEGA | 6センチの絆

漫画の内容としては、失明近くまで症状が悪化している駅伝ランナーとその仲間たちが駅伝に一緒に走る姿やその過程を描いた漫画です。

正直この漫画というか、失明して走るってどういうことやってなりました。

その上最初失明とかもしてないし順調な主人公でどんどん心を開いてみんなで頑張ろうとかなると思っていましたが・・・それが一話目でひっくり返されました。

これはどん底ですよね・・・

自分がしたいことを目の前に諦めないと行けないようになってしまったり、今まで当たり前にできたことができなかった絶望感とか絶対味わったら抜け出せない気がします。

それを克服して戦う主人公にぶくぶくは、とても尊敬してしまいました。

かっけーよこの主人公は・・・!

だからスポーツ漫画はやめられない!!

【総評】

では総評に移ります。

絵としては、躍動感もあり人間の表情をしっかり出せている漫画だと思います。

そしてなにより女の子がかわいいのもポイント!

設定は、駅伝だけじゃなくて主人公にとんでもない試練を課している部分もこの漫画の深みを与えているのだと思います。

困難に立ち向かう少年って日本人大好きだと思う。

最後に展開ですが、しょっぱなに失明するとはおもえんかった。

その展開ありきでこの主人公の頑張りとか、まわりの少年たちの熱さとか・・・もういいね!

こんな感じの漫画は大好きです!

ありがとうございます!!

なので星は4つ

 

スポンサーリンク

 

 

読みやすいし、展開もいい絵も安定感ありそうなので継続して見れる漫画だと思います。

ただ、展開のスピード感はかなりあるのでそれについていけなくなりそうになるかもっと思う部分はあります。

このままの展開スピードなら大丈夫ですが・・・

まぁでもマラソンが好きな方も、困難に立ち向かう系の漫画が好きな方も一度見てほしい漫画だと思います!

一度みてみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 

 LINE@つくりましたー

友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶくぶくちゃがまぐちのほしいもの・・・→リスト

いただけたらうれしいです・・・→リスト

漫画【8月アウトロー】1巻目

漫画 漫画-1巻目 漫画-★★☆☆☆ 漫画-野球漫画 漫画-部活漫画 漫画-主人公が天才漫画 漫画-主人公が最強漫画

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【8月アウトロー】

です!

【オススメ度】

★★☆☆☆

オレ史上

最高の球になる!!!

 

 スポンサーリンク

 

 

【概要】

8歳で両親とともに移り住んだアメリカ

そこでは秋と冬には野球がなかった。

そんな場所で彼は、田舎の野球チームでエースピッチャーで投げていた。

優勝候補の相手チームにノーヒットで進むほどの実力がある少年・日高悠昴(ひだかゆうごう)

だがあと少しでチームは負けてしまう・・・

それは、球数制限により悠昴の降板にあった。

アメリカでは、

8歳で1日50球

17歳以上1日105球

プロに行っても100球前後で交代することになっていた。

だが監督に体のことを大事にしてもらうためにも日本の甲子園があることを教えた。

それが裏目に出てしまい彼は、日本の高校を受けて野球部に入部することを決めてしまった!

だがそこは、高校が野球部を見捨てしまっている環境だった。

これは、野球が好きすぎる少年の甲子園を目指すサクセスストーリーを描いた漫画です。

 

スポンサーリンク

 

【感想】

最近思うんですが、マガジンがスポーツ系漫画ばかりを連載している気がします。

まぁぶくぶくがそういう系をもっぱら見ているって言うせいもありますが、多い気がします。

そんななかで始まった今回の連載漫画でしたが、読んでいるとなんだかわかりませんが打ち切り感がかなりありそうな漫画です。

こんな感じの漫画で、仲間が集まりきらずに打ち切りっていう漫画はかなり見てきましたしその雰囲気がこの漫画からも感じ取れます。

なんでだろう・・・

漫画の展開というよりは、漫画家さんがあえてそんな感じの雰囲気を出しているせいなのかな・・・

んー・・・

今の段階は、面白く読めているので特に問題は何ですけどね。

 f:id:bukubuku555:20170304162535p:plain

マガメガ MAGAMEGA | 8月アウトロー

漫画の内容としては、アメリカで将来を渇望された少年が球数制限の無い高校野球で予選から甲子園の決勝まで投げぬくために日本で甲子園を挑んでいく野球漫画です。

ってか確かに球数制限がないのは厳しいよね・・・

高校野球からプロになったら故障続きになって引退とかザラにある気がする。

それが高校野球のせいとかでは無いと思いますが、それでも練習が多すぎるし怪我も良くしているイメージがあります。

でもそれを押してまで甲子園を目指すというのは、魅力的でそれを目指している姿を見るのはとてもワクワクしてしまうんです。

あー甲子園って見るのは、本当に面白いと思います。

球児の姿を見ていくとなんだか泣けてきてしまいますね

ってかなり脱線しまいました・・・申し訳ないです・・・

漫画としては、主人公が最強過ぎるしちょっとしたチートです。

そして元々とても強いメンツが残っているので全員が戻って真面目に野球をやれればとても強いんでしょうなー

ただ漫画としては、何回も言いますが打ち切りエンドが垣間見えています・・・・

本当に終わりそうで怖いんですが・・・

【総評】

では総評に移りますね。

絵としては、いいですね。

躍動感は少し足りないかもだけどかなりきれいで見やすいのでいい絵だと思います。

以前は連載もしていた方なので安定感もあると思います。

設定ですが、結構定番系です。

でもこういうのが皆さんが好きな感じなので特に悪いとも思えません。

ただ展開が気になります。

コマ割りというか、魅せ方というか・・・なんだか展開に先が見えない・・・

これは、期待!って言うわけではなく、不安っていう意味合いで先が見えないという感じです。

なので星は2つ

 

スポンサーリンク

 

 

多分このまま連載は続くんだろうと思いますが、このコマ割りとかがあんまり好きではないかも・・・

なので人にはすすめにくいかな・・・

気になる方は一度みてみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 

 LINE@つくりましたー

友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶくぶくちゃがまぐちのほしいもの・・・→リスト

いただけたらうれしいです・・・→リスト

漫画【いろはむらさき 】1巻目

漫画 漫画-1巻目 漫画-★★☆☆☆ 漫画-江戸時代漫画 漫画-KADOKAWA 漫画-あんまりおすすめできない漫画 漫画-絵がキレイな漫画

こんこんこんにちは~

知っている人は知らない人は覚えてね、漫画大好きぶくぶくちゃがまぐちで~す!!

今回よんだのは

【いろはむらさき 】

です!

【オススメ度】

★★☆☆☆

下駄以上の価値になってよかったな!

 

 スポンサーリンク

 

 

【概要】

江戸の町で二人の天才が出会った。

地本問屋の【耕書堂(こしょどう)】を営む主人・蔦屋重三郎(つたやじゅうざぶろう)

彼は、人の才覚を見抜くことにかけて随一の出版人だった。

そして彼は、付喪神をみることもできその才能で人の才覚を見抜いていった。

その時、風呂屋で見かけた青年・北川豊章(きたがわとみあき)

彼は、筆に付喪神を宿した青年だったのだが風呂屋で覗きをしたり自分の楽しいことしかしない残念な青年だった。

だがある縁によって彼らはともに働くことになった。

これは二人の天才が出会い過ごす江戸の世界を描いた漫画です。

 

スポンサーリンク

 

【感想】

江戸時代の漫画の雰囲気にイケメンを次々投下した感じの印象でした。

ですが読んでいるうちに引き込まれる要素も多く読むのが少し時間のかかるところがあります。

ただなんだかわからないけど少し同人誌っぽい感じはしました。

好きのことをかけているって感じで読んでいてそこにとても好感はモテていると思いました。

f:id:bukubuku555:20170303181532p:plain

いろはむらさき - 「COMIC it」公式サイト | “it”こそが今、読みたいもの。

漫画の内容は、江戸時代に活躍した二人の天才が成功していく姿を描いた漫画です。

イケメンとイケメンなんてなんて目の保養になる天才たちなんだ・・・

ただ見れば見るほどになんだか狙っている層が薄い気がします。

全人類というよりは、腐女子狙いというか・・・

それだけニッチに狙っていく方が売れやすいのかもしれませんね。

そこはいいと思いますし正直絵はキレイですが、あんまり展開に頭に入らないんですよね・・・

ぐっとくるというか引き込まれるような展開は感じられなかったのが残念です。

【総評】

では総評に移ります。

絵は、先ほど言った通りきれいです。

男も女もとても魅力的に見えるし、背景などもしっかり描かれているので悪い部分は見当たらないと思いました。

設定は、江戸時代にいきる天才っていうのはいいと思いますし付喪神を描くのもよいと思います。

ただ設定がそれに追いついていないというか、ただただ遅い展開なのかは今の段階では判断できないですね。

そこが遅い展開だけならいいのですが、読者が展開が遅いから離れるっていうのもあるかも・・・

ずっと長い間見れる読者も多くはないと思います。

なので星は、2です。

 

スポンサーリンク

 

 

いい漫画になりそうな予感はします。

ただそこまでぶくぶくが見ていられるかどうかなのですが、正直微妙

長すぎる話は、ちょっと辛いです。

少しのくすっとの展開もあるし絵も良いけどインパクトのある展開が一つでもあれば話は変わってくると思います。

ただそれがないのが痛い

1巻を読み終わって次を読みたいかで悩む時点でなかなか2巻目を買おうとは思えないんですよね。

なので星は2つです。

今後この展開でどう読者をひきつけていくのかは気になるので連載しているところでしっかり見極めていこうと思います。

気になる方は一度見てみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 

 LINE@つくりましたー

友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶくぶくちゃがまぐちのほしいもの・・・→リスト

いただけたらうれしいです・・・→リスト